佐竹龍蔵 Ryuzo Satake

1987年 高知県生まれ
2012年 京都造形芸術大学 大学院修士課程 修了
現在 奈良市在住

■個展
2021年
「2020年の亡霊、溝を埋めろ。」(MEDIA SHOP|gallery 1/京都)
2017年
「滞在制作成果展」(關渡美術館1 1/2 F Gallery/台北)
「北山の河童は鹿の角がこわい」(ギャルリ・オーブ/京都)
2016年
「あのひと」(アートスペース虹/京都)
「少年少女」(みうらじろうギャラリー/東京)
「ちいさいものたち」(YOD Gallery/大阪)
2015年
「あめかぜひと」(かるぽーと/高知)
2014年
「やまのこえ」(アートスペース虹/京都)
「だれかのこども」(みうらじろうギャラリー/東京)
2013年
「紙と絵具と絵画」(gallery near/京都)
「だれかのこども」(YOD Gallery/大阪)
2012年
「どこでもない場所」(アートスペース虹/京都)
「佐竹龍蔵展」(Hidari Zingaro/東京)
2011年
「他者たちの部屋」(かるぽーと/高知)
「佐竹龍蔵展」(アートスペース虹/京都)
2010年
「佐竹龍蔵展」(アートスペース虹/京都)
2009年
「佐竹龍蔵展」(かるぽーと/高知)


■主なグループ展
2020年
「TOSA・美術アカデミー展」(かるぽーと/高知、’05~)

2019年
「FACE Ⅲ」(gallery morning/京都)
「春を待つ-想-」(ギャラリー恵風/京都)
2017年
「FACES and HEADS」(みうらじろうギャラリー/東京、’14~)
2016年
「日本画、近代の作家と高知のこれから」(中土佐町立美術館/高知)

2015年
「日本画の楽しみ」(香美市立美術館/高知)
2014年
「ここで日本画を学びました。」(京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ)
2013年
「領海」(AKI gallery/台北)
2012年
「佐竹龍蔵+沈明姫展」(軽井沢ニューアートミュージアム/長野)
2011年
「VOCA展 2011」(上野の森美術館/東京)


■受賞・入選
2020年
「FACE 2020」(損保ジャパン日本興亜美術館/東京、入選)
2019年
「京都日本画新展 2019」(美術館「えき」KYOTO、奨励賞)
2017年
「第7回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」(豊橋市美術館/愛知、入選)
「2016京展」(京都市美術館、館長奨励賞)

2013年
「京都府美術工芸新鋭展」(京都文化博物館、毎日新聞社賞)
「Concours des Tableaux」(かるぽーと/高知、最優秀賞)

2012年
「GEISAI#16」(東京流通センター第二展示場、片桐孝憲賞)
「Kawaii+大賞展」(スパイラルガーデン/東京、入選)

2010年
「ART AWARD NEXT #1」(東京美術倶楽部 東美ミュージアム、準大賞)

 

■その他
2017年 台北・關渡美術館にて3週間の滞在制作。滞在中に同館および淡水馬偕紀念醫院 緩和ケア病棟でワークショップを開催。